クリニック設計のポイント

設計コンセプト

 病院としての基本コンセプトや患者様へのアプローチ方法など、先生からご要望をお聞きし、その診療スタイルと地域に調和の取れた医院計画をキーポイントとし、基本計画を創り上げます。

 資金面では事業計画書を基本とし、工事費におけるコストバランスや費用対効果の高い設計をいたします。

 

候補地の選定


 弊社では、土地及びテナントの不動産物件も取り扱っております。

 ご開業に伴う適切なご相談を賜っております。

 お気軽にお問い合わせ下さい。

 

院内レイアウト

・ 医院入口のファサードデザインは、入りやすく優しさがあり、閉鎖感を無くしたノンプレッシャーイメージの 『医院デザイン』 を心掛けております。

・ 待合室は落ち着きのある空間で、患者様同士の視線や、ライティング、臭いや音、そして内装の仕上げ材など、患者様の立場で配慮したデザインをいたします。



・ 受付は待合室が見渡せる環境とし、特にプレイコーナーなどある場合はそのレイアウトに注意いたします。予約管理やお会計などの事務作業にストレスの無いプランニングをいたします。

・トイレは、男女別で2箇所あるのが望ましいプランです。内1箇所は多目的トイレとし、車椅子への対応やベビーベッドの設置があると良いでしょう。スタッフ用のトイレは患者様の目に入らない箇所に設置します。

・ 診療室は患者様とスタッフの導線計画を重視し、レントゲン室・検査室・オペ室・カウンセリング室など診察室と隣接するエリアとの調和を取ります。また消毒ゾーンなど衛生面の配慮として、管理しやすく音や臭気などに対応できる設備機器の導入も考慮いたします。


電子器械への対応

・ 医療機器を把握し、院内のレイアウトを計画する際にその器械が便いやすい位置に設置できるよう、医療機器メーカーとのコミュニケーションを大事にしております。
 また、弊社では昨今電子カルテなどの電子器械の需要が増えた事で、サーバーの設置箇所や、LAN配線に必要な配管等を、プランニングの段階から計画させていただきます。